個人情報保護方針

株式会社マルソ(以下、当社)は、電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン第14条の規定に基づき、以下の通り「個人情報保護方針」を定め、各項目の実施に努力致します。

1. 個人情報保護法遵守のための規程類の整備
個人情報保護法に関する基本方針を定めるとともに、個人データに関し、取得・利用・保管・移送・消去等の各段階における取扱い規程を整備し、従業者に周知徹底致しております。
2. 個人情報の収集ならびに提供について
お客様より個人情報を取得する場合には、あらかじめ利用目的等を公表し、必要な範囲で個人情報を収集させていただきます。なお、個人情報は収集目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、法令等により認められる場合を除き、お客様の承諾なく第三者に開示・提供することはありません。 偽りその他不正の手段により個人情報を取得することは致しません。
3. 社内管理体制の強化
個人データ管理責任者を設置し、その権限と責任を明確にし、個人情報取扱事業者として個人情報保護に関する業務を適切に遂行できるよう体制整備を図ります。 個人情報は正確かつ最新の情報に保ち、弊社が可能な限り、個人情報への不正アクセス・紛失・破壊・改ざん・漏洩等のリスクを防止するための措置を実施し、改善に励みます。
4. 委託先の厳格な管理
個人データの取扱いを委託する場合には、個人データ保護の観点から、その選定基準を明確にし、個人データの安全管理のための措置を委託先に対しても義務づけ、充分な監督を致します。
5. 個人情報の開示および訂正について
弊社は当該個人から収集された個人情報について、開示のお申し出があった時は、個人の生命・身体・財産その他の利益を害する恐れのある場合を除き、合理的な期間内にこれをお客様に開示します。 弊社は、当該個人から収集された個人情報の訂正・削除のお申し出があった時は、合理的な期間内に訂正・削除を行ないます。
6. 社内監査体制の充実
個人情報の安全管理が適切に行なわれるよう、社内監査体制を強化し、その実施状況について定期的に点検致します。
7. 従業者教育の強化
個人情報保護法に関する解説書等を作成し、従業者に配布するとともに、継続的に社内勉強会等を実施するなど、従業者の教育・訓練に努めます。

上記各項における取り組みは、定期的に見直し、維持・改善してまいります。

2007年3月1日 株式会社マルソ
代表取締役 曽我 明男